レンタルサーバーについて

インターネットでビジネスをするのなら、まずサーバーが必要になります。
では、サーバーとは何でしょう?
あなたが作ったサイトのデータを保存しておいて、ほかの人がネットで見れるようにしてくれるのがサーバーです。
それでは、サーバーはどのようにすれば手に入るのでしょうか?
自分でサーバーを持つのは、大変なのでレンタルサーバーを借りるのがお勧めです。
レンタルサーバーを借りるのには、大して知識も予算も必要ありません。
ただし、レンタルサーバーにも選ぶコツがあります。
レンタルサーバーによって、初心者にやさしいものや大容量のものなど、特徴があるのです。
料金は安い方がいいのですが、ほかにも重視したいことはあります。
やはり、始めはわかりやすいところを選ぶといいでしょう。サポートの充実度も大切です。
料金を安く抑えることを重視するのなら、海外のレンタルサーバーという選択肢もありますが、あなたに必要な機能がそろっているかはしっかり確認してください。
国内のレンタルサーバーも近頃は、多機能、大容量で、コストも格安の会社が増えているので、ぜひ検討し見てください。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、インターネットサーバーのメールサーバーとWebサーバーを決められた容量をレンタルするサービスです。自社あるいは個人でサーバーを構築すると、サーバーのコスト、専用線の通信費、システム管理者のコスト、定期的なメンテナンスやバックアップなど、様々な面倒と知識、資金を必要とします。
レンタルサーバーは、そういった問題を一気に解決いたします。レンタルサーバーは多数の会社が過当競争的に争っていますので、現在では値段も安く大変利用しやすくなっています。

ホームページが設置できます

制作したホームページは、サーバー上に置くことで、インターネットの世界につながり、世界中の人に見てもらうことが可能になります。
普段見ている色々なホームページも、どこかのサーバーに置いてあるのです。
レンタルサーバーなら、
・独自ドメイン(会社名.com など)でホームページを運用できる。
・使える容量が大きい。プログラムも使える。
・アクセスが集中しても、止まらない。
・専門の知識が無くてもOK。安心のサポート体制。
という、ビジネスで必須の条件を満たしています。

メールアドレスを無制限に作ることができます

プロバイダのメールや無料で使えるメールとの 違いは何でしょうか?
・レンタルサーバーなら、たくさんのメールアドレスを自由に作ることができる。
・プロバイダのアドレスは覚え難い。いつか変わる可能性もあり不安。
・プロバイダのメールボックス(受信容量)は数十メガで、ファイルのやり取りに不向き。
など、その差は歴然です。

スポンサードリンク